blog01 blog02 myspace soundcloud twitter
Facebook

Frida's Facebook page


歌うということ。声。響き。

 

Frida2ndアルバム「いつかきっとこの日々は愛おしい景色」が完成し、

次の曲にとりかかりつつ、

最近では、1stアルバム「TK」を良く聴いています。

 

「TK」のFridaは生まれたてでした。

幼い頃から弾いていたピアノは別として、歌手として。

今聴くととても弱々しく、音程もあやしいところがあり、

フレーズがつながってなくて…。

おっかなびっくりで新しい世界へ飛び込んだ子猫のようです。

 

「いつかきっと〜」ではずいぶん歌も安定してきて

どんどん難解度が上がる楽曲に向かって挑戦します。

 

伸びやかな響き。

丸裸な声。

時々奇跡のようなフレーズ。

 

 

20代後半に自分の歌に幻滅し、歌うことを止め、

数年後、少しずつ這い上がるようにまた歌い出したわたしにとって

それは素晴らしい世界です。

 

当時、自分が書いた曲を自分で歌っていた頃は

まず自分の声が気になって曲について正確に把握できてなかった。

メロディや歌詞を推敲する力の手前に霞がかかっていました。

 

人の声は、ギフト。

もちろんトレーニングによって培われるものもあるけど

この世界に持って生まれてきたもの。

 

Fridaの声がわたしの曲にかかっていた雲を晴らして

今日も練習音源が届きます。

 

 

さて、

「TK」には

新しいおもちゃを見つけて真剣に遊んでいるこどもの

楽しくて仕方ない感じと、必死さと熱中さが詰まっています。

 

もうあんな風にはきっと歌えないのだ。

わたしもFridaも。

 

次へ進むのだ。

 

 

 

Frida1stアルバム「TK」

絶賛発売中のはず。